インプラントの手術は一回で済ませることもできる

インプラントの手術について説明している医師
インプラントの手術は一回法と二回法という二種類の方法があり、それぞれに患者さんのうける負担の大きさの違いや、器具の差異などの特徴的な違いやメリットとデメリットがあります。

二回法は名前が示すように、二度の手術を行うことでインプラントの器具の完全な装着を行う手術の方法です。
一度目の手術ではフィクスチャーという土台となるパーツを歯肉に埋め込み、顎骨に固定します。
そして、顎骨と器具がしっかり合体するまで数か月ほど待ち、二回目の手術を行います。
二回目の手術では再び歯肉を切開し、アバットメントというフィクスチャーと上部のパーツを連結するパーツや歯の代わりとなり直接腔内に出るインプラント義歯を装着します。

二回法のメリットは歯肉の治療など全体的に時間をかけて行うため、切開された患部へウイルスが侵入し感染症に感染してしまう確率が低いこと、またフィクスチャーの固定をしっかりと行うため、顎骨に何か問題があり後ほど紹介する一回法が適応できないケースでも施術することができる可能性があることです。
したがって時間がかかっても確実に手術を成功させたいという方や、普段から時間があるという方には二回法が推奨されます。
一方デメリットは歯肉の治療期間などのためにインプラントが使用できるまで時間が数か月と長くかかってしまうこと、二度の切開を行うため患者さんの身体的、時間的な負担が大きくなってしまうことです。

一回法では二回法とは対照的に一度の手術でインプラントの装着を行います。
切開の後フィクスチャーを顎骨に装着し、順次インプラント義歯を装着していきます。
一回法ではフィクスチャーとアバットメントが一体化しているという特徴があります。

一回法のメリットは切開の回数が一度で患者さんへの負担が小さいこと、手術後からインプラントを歯として使用可能となるまでの期間が非常に短いことです。
早期にインプラントを使用したいという方や、普段仕事で忙しく時間がないという方には二回法より一回法の方が推奨されます。
一方デメリットは顎骨に問題があり骨の移植や再生を行うなど、インプラント装着の他にも何か処置を行う場合は感染症に感染してしまうリスクが高くなってしまうことです。
このように一回法と二回法は全く別物であり、自分がどのような顎骨を持っているのか、歯がどのような状態なのか、普段どの程度空き時間があるのかなどで自分に適した方法は違うものになってきます。