部分入れ歯にも種類があるってご存知?

部分入れ歯と一口に言っても、いくつかの種類に分けることが出来ます。
その中でも人気の入れ歯がバルプラストとウェルデンツの2つです。
両者の共通点としては、金属のバネを使用していないので、金属アレルギーの人でも安心ですし、つけていても他の人に知られにくい、保険が適用される入れ歯に比べてつけ心地が良い、ブリッジとは異なり健康な歯を削る必要がない、食物が隙間に挟まりにくい等が挙げられます。
バルプラストとウェルデンツは共通点も多いため、どちらを選べば良いか分からないという人も少なくはありません。

バルプラストとウェルデンツ、どちらが適しているかは好みもありますし、歯の状態には個人差もありますので、歯科医院で相談をして決めるということが良いでしょう。
バルプラストとウェルデンツの最も大きな違いとしては、入れ歯の歯茎にあたるピンクの部分のある無しです。
ウェルデンツには、この部分がありません。
保険が適用される入れ歯を使用していて歯茎にピンクの部分があたり痛みを感じる、違和感がある、食物がはさまるとの悩みがある人にはウェルデンツがおすすめです。
ただし、状況によってはピンクの部分があるタイプになる可能性もあります。

一方のバルプラストはピンクの部分はあるものの、床と呼ばれるこの部分が非常に柔らかいということです。
口の動きにピッタリとフィットするため、つけ心地が自然です。
バルプラストを使用していて、新たに歯が抜けてしまったという場合でも今まで使用していたバルプラストに歯を足すことが出来るというメリットがあります。

部分入れ歯はしっかりと正しく手入れをすることで、長持ちさせることが出来ます。
バルプラストもウェルデンツも保険が適用されないため、費用が高額になるというデメリットはあるものの、つけ心地や見た目が自然というメリットがあります。
治療を受ける際には、実際の実物を確認し、触るなどして自身の好み・理想に近いものを選ぶようにすると良いでしょう。

なお、全ての歯科医院で扱っているわけではありませんので、いくつかの歯科医院に相談をすることをおすすめします。
分からないことや気になることがあれば治療を受ける前に確認することによって、トラブルを防ぐことが出来るでしょう。
なお、保険が適用されないということもあり、費用は対象となる歯の本数によって異なります。
歯科医院によっても費用に違いがありますので、注意が必要となります。